漢字で学ぶと目から入る情報は桁違い!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

絶対音感と英語取得(胎教を知るお茶会より)

絶対音感は〇歳までに音楽教育をしなければ、それ以降は身に着けることは不可能、6歳までの聴覚を考慮すると、英語取得も6歳までは肝になるのは言うまでもありません。


胎教を知るお茶会@津

こんにちは、はるちゃん先生です。

昨日は、ルピナスの幼児担当のノコ先生による「胎教を知るお茶会」をルピナスで開催しました。

初めての開催でしたので、練習がてら、ということで

幼児の保護者であるOさんにも来て頂いたのですが、

参加者全員、胎教が必要ないメンバー!でしたが

大変面白かったです。

 

まずは胎教を知ってもらうということで、

ノコ先生がお話してくれたのは

・胎教とは

・胎児は耳以外でも聞いている(孫の分まで胎教)

・胎児~6歳くらいまでの脳

・妊婦さんが不思議な夢を見る理由

・右脳の能力(絶対音感・言語学習能力)

といった内容で話して頂きました。

 

個人的には、最後の右脳の能力のところがおもしろかったですが、

妊婦さんにとっては、どれも興味深い話だったと思います。

妊婦さんになってから勉強するのは難しいと思うので

その前に勉強する、家族が勉強する(妊婦さんのお母さまでもよい)など

必ずしも、妊婦さんの学習ではないと思いました。

知っていたら、かなり勉強になることばかりでした。


絶対音感と英語取得

少しシェアします。

昨日は右脳の能力について特に盛り上がりました。

絶対音感は6歳までに音楽教育をしなければ、それ以降は身に着けることは不可能だそうです。

6歳までの聴覚というのは素晴らしいですね。

これに付随して、英語教育の話にもなりました。

絶対音感より、英語力の取得に興味ある方が多いかと思いますが、

CDやDVDで楽しんだり、英会話スクールで学ぶなどしている方も多いと思います。

 

私はこのブログの中では「英語は8歳から」(http://yojikanji.com/309.html)と書いていますが

私個人としては、8歳からをおススメしています。(理由は記事をお読みください)

ですが、本気でネイティブな英語力を取得したい、ということなら

幼児から始めるべきでしょう。

望む英語力はどの程度か、で英語を始める時期も、勉強の仕方も違ってしまいます。

バイリンガルを目指すなら、早い方がいいのは間違いありません。

しかし、私の友人も高校生で留学を含めた学習で十分ペラペラです。英語を使ったビジネスもしています。

「やりたい」と本人が思ったらやればいいのでは、と私は思います。

 

よく、英語に関しては質問や相談等を受けますが、

私は豊かな国語(日本語)の取得と感性の育成を目指しているので

英語教育についてはさほど興味はありません。

英会話スクールなど複数話を聞いてまわり、お母さん自身がしっかり勉強して相談するべきではないかと思います。

預ければ話せるようになるわけではありません。

私がいた会社の英会話スクールの講師(アメリカ人)は仕事に全く責任感がなく、

いい加減に教えているな、と感じたこともあります。

 

英語を取得してどうなりたいのか(なってほしいのか)

 

少なくともここが曖昧では中途半端に導入するだけになりかねず、高額をかけた割には、という成果になります。

 

こういった話題も含めて、お茶会ではかなり盛り上がりました。

また次の機会にぜひ参加してはどうでしょうか。

胎教アドバイザーのノコ先生のブログを下記にご紹介しますね。

http://ameblo.jp/loveworld2015/



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

スポンサー広告

スポンサー広告

スポンサー広告

お問い合わせ

今後もご意見・お問い合わせ等ございましたら、メールでの受け付けも可能になりましたので ぜひぜひお気軽にお寄せ下さい(^^)!! 相談などもおまちしています。 メールはこちらまで↓ (yojikanji@gmail.com) 幼児学習アドバイザー・ワンルーム開業コンサルタント 三浦治美