漢字で学ぶと目から入る情報は桁違い!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眠れない夜に絶対使ってはいけないもの

しばらくご無沙汰ですが、通勤の時に、
車でYouTubeとかの音声を聴いてまして、

 

怖い話にはまったり、すべらない話聴いたり、
時期には政見放送聴いたりいろいろなんですけど、

 

 

最近は、薬害とかアルコールとかそういう依存しやすいものの正体、とか弊害系にはまってます。

というのも、いろいろなおかしな事件が起きますけど
その背景に、
食べ物とか薬が大きく関係してると思っているところがあるからです。

 

 

それで実際、本なんかも読んだりしたのですが、

例えば、睡眠薬は、
服用するとなぜ眠くなるか、っていう仕組みをわからず服用してる人多いと思います。

お酒を飲んでも眠くなりますが
お酒で眠くなるのはギャバっていう物質のせい(おかげ)です。

実は睡眠薬もそのギャバを利用して眠くなる仕組みを作ってるそうです。

 

お酒だと、ビール1杯くらいではそんなにお酒に弱くなければそれほどな眠気はないでしょうが
たくさん飲めば眠くなる。

 

 

でも、睡眠薬は、1粒で眠くなる ということは 

お酒の何倍もの効力をもっています
だから、
お酒よりははるかに依存しやすい

 

 

さらに言うと、ギャバは安心、鎮静、とかそういう作用もあって

睡眠薬を利用してると、
依存度が高まって、体自体が自主的にギャバを出さなくなる。

 

 

そうすると、薬の力に頼るようになって、
薬がキレると、体はギャバを作らなくなっていることで

異様な不安感や衝動が抑えられなくなってキレやすくなったり、
大きな不安などで自殺に導かれたりするそうです。

 

 

専門的にははもっと複雑で、この状態は、統合失調症と同じ状態を引き起こしているそうです。

だから、長年かけて睡眠薬依存、アルコール依存になるというのは、
最終、統合失調症も患う可能性があるそうです。

 

 

また、睡眠薬を大量に服用したり、

極端な話、自殺しようとして睡眠薬を使うと、

そのあと一命をとりとめても
ほとんどの人がかなりの確率で統合失調症を患うらしいです。

 

 

睡眠薬服用してると不眠改善どころか、依存を高め、

精神的な疾患まで引き起こします。

 

 

おかしな事件を犯した人の具体的な統計はありませんが、わかってる範囲でも
過去に睡眠薬自殺を図っていたり、精神科で睡眠薬をもらってる人が多いことが分かっています。
実は統合失調症を患ったことによる妄想による事件だった、
と。

 

 

まあ、そういうわけで、

眠れないって理由で睡眠薬は絶対使ってはいけない、という話ですが、

最近、心療内科も通いやすくなったせいか、

若い人たちの薬への依存は高まっているようです。

 

服用の前に、なぜ眠くなって、どういう弊害があるのか、ということを理解した上で

やむを得ない時に上手に利用すべきですね。

 

 

ちなみに、お酒弱い人は、薬にも弱いということなので
さらに注意が必要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

スポンサー広告

スポンサー広告

スポンサー広告

お問い合わせ

今後もご意見・お問い合わせ等ございましたら、メールでの受け付けも可能になりましたので ぜひぜひお気軽にお寄せ下さい(^^)!! 相談などもおまちしています。 メールはこちらまで↓ (yojikanji@gmail.com) 幼児学習アドバイザー・ワンルーム開業コンサルタント 三浦治美