漢字で学ぶと目から入る情報は桁違い!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幼児の漢字学習

漢字で学習すると目から入る情報は桁違いです。

幼児も漢字を覚えます!


天才以外の幼児はこの世に存在しない!漢字で学ぼう!

こんにちは。三浦です。

私はルピナス式幼児教室で、幼児に漢字学習などを取り入れています。

幼児は天才です。絵本や、カードもどんどん覚えていきます。

それをさらに漢字で学ぶと目から入る情報量が劇的に増えます。

「幼児に漢字は難しいのでは?」

そんなことはありません!

「うちの子天才かも!」はよく聞きますよ(笑)。

 

漢字は子どもにとってはひらがなよりも覚えやすいのです。

ひらがなは読み(音)の役割をしているだけです。

漢字は90%が形声文字です。音だけでなく意味も持っているのです。

 

例えば、植物の桜は

ひらがなでは「さくら」であり、桜を知らなければ音でしかありません。

幼児に見せれば、「さ」ー「く」ー「ら」と順番に読もうとするでしょう。

読むので精いっぱいです。

 

でも「桜」という漢字を知っていれば一言で「さくら」と言えるのです。

同時に桜の木をイメージするでしょう。

桜を知らなくても「木」という漢字を知ってしまえば「桜」は「木」であることがわかるのです。

 

大人でも「さくら」と書いてあるより「桜」となっている方が

桜の木をダイレクトにイメージするのではないでしょうか。

言葉と映像がセットになる方が脳は勝手に活性化します。

 

幼児の能力を侮らず、ぜひ漢字で学ぶ機会を少しずつでも増やしてみてください!

こちらのブログでも、幼児の学びにどう漢字を取り入れるか少しずつお話していきます。

 

 

 

 

cropped-IMG_1189-2.jpg

関連記事

コメント

    • のこちゃん
    • 2016年 1月 22日

    幼児には、漢字より平仮名の方が簡単だろうというのは、大人の勝手な解釈ですね!

    子どもの脳と大人の脳は違うということを理解する事が子どもの能力を引き出す事が出来ると思います!

      • miumiu3678
      • 2016年 1月 22日

      子どもはホントに天才だ、ということですね。

  1. 2016年 4月 15日

Facebook

スポンサー広告

スポンサー広告

スポンサー広告

お問い合わせ

今後もご意見・お問い合わせ等ございましたら、メールでの受け付けも可能になりましたので ぜひぜひお気軽にお寄せ下さい(^^)!! 相談などもおまちしています。 メールはこちらまで↓ (yojikanji@gmail.com) 幼児学習アドバイザー・ワンルーム開業コンサルタント 三浦治美