あなたにとって「わすれられないおくりもの」は何ですか。

小学生

あなたにとって、わすれられないおくりものは何ですか。この本は、「わすれられない」ということばの深さを考えて読むと素晴らしい気づきを与えてくれる本です。


あなたにとって「わすれられないおくりもの」は何ですか。

 

こちらの写真を見てください。

絵本の写真です。

 

わすれられないおくりもの

「わすれられないおくりもの」という題名の絵本です。

皆さんにとって、「わすれられないおくりもの」といって思い出すものなどはありますか?

 

昔の彼からもらった十字架のネックレス気に入ってたな~

おばあちゃんに買ってもらったぬいぐるみ大好きだった!

友達が手作りで編んでくれたマフラー温かかったなあ、、、

 

などなど、思いつくものはあることでしょう。

 

もしかして、思い出したのは もらったプレゼントばかりですか?

 

あなたが差し上げたもので、相手にとってわすれられないほどのおくりものはあったでしょうか。

 

そもそも、わすれられないってどれほどのものでしょうか。

 

あなたのお子様にとっての、わすれられないおくりものは何になるでしょうか。

 

何をおくってあげたいですか?

 


 

このブログを始めて5日目になります。

そろそろ漢字のこと書いてよ!

とか

絵本の紹介はいつしてくれるの?

など、思ってくれている方がいれば嬉しいですが、

 

でも私は簡単な形で、簡単な言葉でノウハウや、絵本の紹介をしたくありません。

簡単な紹介では、たとえば今日紹介した「わすれられないおくりもの」という絵本の良さが全然伝わらないかもしれない。

この絵本の楽しみ方を感じてもらわなければ、読み聞かせのノウハウだけ教えたり

ただの紹介なら、アマゾンのレビューを読めばいい、ということになるだけです。

何よりも、この絵本に失礼だ・・・

 

そんなことを思ってます(笑)。

 

「わすれられないおくりもの」いかがですか。

お母さまの「わすれられないおくりもの」についてぜひ聞かせてほしいところですが、

私は子どもと対話をしながら絵本を読んでいます。

 

「おくりものってなんのことかわかる?」

「プレゼントならわかるかな。」

「もらってうれしかったものは何?」「え?ゲーム!」

「じゃあ、プレゼントあげたことある人!?」

 

たくさん読み聞かせをすると思いますが、

この本のように、対話が深まる本もあります。

この本は、「わすれられない」ということばの深さを考えて読むと素晴らしい気づきを与えてくれる本です。

 

こういった本が子どもにとって「わすれられないおくりもの」になるといいな、と私は思います。

 

また次回は、対話をしながらの読み聞かせについて、気をつけたいことなども書きたいと思います。

それからこんな感じで時々本を紹介したいと思います。

 

コメント

  1. […] わすれらないおくりもの(←まだの方はこちら) […]

  2. […] あなたにとって「わすれられないおくりもの」は何ですか […]

  3. […] あなたにとって「わすれられないおくりもの」は何ですか。 […]

  4. […] (→あなたにとって「わすれられないおくりもの」とはなんですか) […]

タイトルとURLをコピーしました