漢字で学ぶと目から入る情報は桁違い!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人の読書はコレ!

今日は、ルピナスで不定期で開催している、

「大人の国語」

という、座談会的なイベントがありました。

 

いつも「大人の国語」とはいっても、絵本を読んでいます。

私が大人も楽しめそうな絵本をチョイスして、

読み聞かせ的な感じで(笑)、意見を聞きながら進めていきます。

 

これが中々おもしろいんです!!

大人ならではの意見を聞かせてもらったり

皆さんの感想の後ろにある背景というのか、バックグラウンドを感じさせてもらったり、

逆にこちらが勉強させていただいています。

 

今日は、前にここでも紹介した

「綱渡りの男」(なぜ命をかけてそんなバカなことをするのか論

という本を読みました

 

ニューヨークのツインタワーに綱をかけて渡る男の話なのですが(実話)

小学生と読んだ時にも、

どうやって綱をかけたかが議論になりましたが

今日は大人の知恵を聞かせてもらいました!

メンバーに、電力会社勤務の方がいたので、さすがの意見を聞かせてもらって、

そっちの方がいいね!ってなりました(笑)

 

それから、この男が綱渡りをするにあたって、

「大道芸人でありながら

誰に見せるということではなく、観客を集めるでもなく、

準備が整ったらすぐに綱渡りを始めたところをみると

本当に、自分がただやりたいだけでやってるんですね、」

という意見で、

なるほどーと思いました。

私も分析できていませんでしたが、

だからこの男の純粋さとか自由さに惹かれるんだなあ、と

改めて気づかされました。

 

大人はやっぱり違う!(笑)

 

この話は、最後にハッとさせられるオチがあるのですが、

そこではみんなが一瞬

時間が止まったような、同じ絵を描いたような、

みんなが同じことを感じる瞬間もあって、

ホントにいろいろ楽しめる場面があります。

 

いつも、ほぼ常連さんが来てくださっているのですが、

だんだん持ちよりパーティーみたいになって

今日もみつ豆やスコーンを作ってきていただいて

終わってからも皆さんで楽しみました。

 

ちなみに料金はワンコインなのですが、

お互いに気を張らない、気楽な感じもいいかな、と

自分では思っています^^

 

今日はメンバーの方がインスタグラムで

コメントして頂いていたので

紹介したいと思います。

「大人の国語教室

先生が本を読む

生徒が感じる

集まるのが楽しい」

 

嬉しいお言葉です。

またこのブログを読んで頂いている方とも

こういう機会を持てる日がくるといいなーと夢見ています。

(三重県津市の方はぜひきてください(^O^)/)

 

 

私は、大人の読書は知識をつけるというのではなくて、

自分を磨く

ためのものでありたいと思っています。

こう考えると

ジャンルにとらわれる必要もなく

自由で豊かに楽しめるのではないかと思います。

もちろん絵本も。

 

 

なんて、かっこいいこと言いましたが、

吉田松陰の言葉をマネました^^

 

ではまた^^

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

スポンサー広告

スポンサー広告

スポンサー広告

お問い合わせ

今後もご意見・お問い合わせ等ございましたら、メールでの受け付けも可能になりましたので ぜひぜひお気軽にお寄せ下さい(^^)!! 相談などもおまちしています。 メールはこちらまで↓ (yojikanji@gmail.com) 幼児学習アドバイザー・ワンルーム開業コンサルタント 三浦治美