漢字で学ぶと目から入る情報は桁違い!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢い子どもの脳と体つくりー〇〇を見直す

育ち盛りには質より量と言いますが、本当は量より質です。

質が悪いと量が必要になるのです、実は・・・。


教育の一番目は体と脳の器作り

また2日ほどあいてしまったのですがいかがお過ごしですか。

塾はこの3月が一番忙しいのですが

小さい塾であるルピナスも例にもれず、近頃は忙しいのです。

3月は入試、合格発表、生徒の入れ替わり、新年度準備、曜日の調整、春期講習などなどです。

言い訳になりました(笑)。

 

先日書いたADHD診断されたお子さんが、栄養素を徹底して取り入れたことで

国立大学へ進学できた奇跡のお話を書きました。

学習障害から国立大学進学した奇跡のお話

そこで、いかに栄養を摂取することが大事なのかを書いたのですが、

今日は食事の管理について書きたいと思います。

 

前の記事でも書いたのですが、

栄養素しっかり摂り入れることは現代の食事情からいくとかなり難しい面があります。

 

品種改良された野菜では栄養が全く足りていないこと、

輸入の小麦などを使ったパン食が多いこと、

体や脳に有害な添加物などが使われていること、

インスタントや加工食品の摂取が増えたこと、

などから

食に関する知識がなければ、

栄養を摂っているつもりが全く不十分でカロリーだけの多い食事になってしまうことです。

 

幼児だけではないのですが、

教育の基本はまず、食事による体と脳の器作りがもっとも重要です。

花粉だけでなく、現代のアレルギーの多さは

間違いなく食の変化に寄るものです。

 

花粉を含めるアレルギーのある子どもや、

栄養不足による体力のない、また姿勢が悪い生徒などは

このブログでもこれまでにそういった生徒の様子を紹介してきましたが、

十分に勉強に集中できる状態ではないのです。

その中で勉強をしなければならない生徒のストレスは精神的にも、肉体的にもかなりの負担です。


食事の管理ー油を見直す

 

学習障害から国立大学進学したお子さんの話では、

天然の補助食品を摂ることもおススメしているのですが、

今日は家庭でできる食事の管理として油について書きたいと思います。

 

 

油の、体や脳への影響は非常に大きく、

ご家庭でまだ意識した食事の管理をされていないようでしたら

先ず油について見直しされることをお勧めします。

 

最近の健康ブームでエゴマやアマニ油が良いと聞いて購入された方も多いのではないかと思いますが、

まだサラダ油を使っている家庭が多いのではないかと思います。

 

しかし、近年になって、このサラダ油(植物性)=リノール酸は

良い面もありますが、リスクの方が高いことが分かってきました。

この油はオメガ6とも言われていますが

酵素で変換されるされる際に善玉と悪玉に変わります。

悪玉に変わったリノール酸はアルツハイマーの原因となって脳に影響を与えています。

 

オメガ3と言われているアマニや、エゴマは酵素で変化される際に

EPAになりDHAに変換されます。

つまり善玉なのです。

 

しかし、オメガ6が悪いのではなくて、

現代の食事はこのオメガ6ばかりになっていることが悪いのです。

揚げ物や、インスタント、外食、

これらで使われる油はオメガ6なのです。

(昔の食事は豆、魚、野菜、海藻が基本で自然にオメガ3や良質の油を摂取できていました)

 

それにより、肥満、糖尿、アルツハイマーの大きな原因になっています。

体と脳に大きな影響を与えています。

放っておいてもオメガ6は摂取されてしまうので、

家庭で使う油はオメガ3と言われるものに変えると良いと思います。

 

エゴマやアマニは認知症やがんの予防、

善玉コレステロールを増やし、肥満を防ぎ、血液もきれいにします。

 

いい油は値段も高く、調理によっては向き不向きもあるので

できれば用途に分けると良いでしょう。

 

サラダには、マヨネーズや市販のドレッシングは止めて

レモン汁とアマニやエゴマなどを和えて使う、

炒め物にはごま油・オリーブ油、

揚げ物には米油というものがありますが売っていることが少ないので

キャノーラと言われるナタネ油を使ってもよいですが、古いのは厳禁です。

酸化した油は特に悪く、

勿体ないですが古い油を使いまわしするのは止めましょう。

(キャノーラとサラダ油は厳密には違います)

 

また安いオリーブ油などありますが

安いものには安い理由があります。

高いものには高い理由があります。

 

料理に油は特に多く使うので節約したいところでしょうが、

違うところで節約した方がいいと思います。

 

育ち盛りには質より量と言いますが、

本当は量より質です。

質が悪いと量が必要になるのです、実は・・・。

 

悪いものをすべて避けるような食生活は不可能です。

できるだけ心がけることが大切です。

それから、悪いものを避けるだけでなく

良いものを摂取することを忘れずに!!

今後もご意見・お問い合わせ等ございましたら、メールでの受け付けも可能になりましたので

ぜひぜひお気軽にお寄せ下さい(^^)!!

相談などもおまちしています。

メールはこちらまで↓

yojikanji@gmail.com

幼児学習アドバイザー・ワンルーム開業コンサルタント

三浦治美

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 3月 23日
    トラックバック:学習障害から国立大学進学

Facebook

スポンサー広告

スポンサー広告

スポンサー広告

お問い合わせ

今後もご意見・お問い合わせ等ございましたら、メールでの受け付けも可能になりましたので ぜひぜひお気軽にお寄せ下さい(^^)!! 相談などもおまちしています。 メールはこちらまで↓ (yojikanji@gmail.com) 幼児学習アドバイザー・ワンルーム開業コンサルタント 三浦治美