漢字で学ぶと目から入る情報は桁違い!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

絵本「まつぼっくりのぼうけん」を人生になぞらえて

実際にまつぼっくりを頭に思い起こして絵を描いたり、
実際のまつぼっくりを手にして観察したり、
可能ならまつぼっくりを探しに行ったりなどをして読み聞かせを深めます。


絵本「まつぼっくりのぼうけん」

今回は絵本を紹介したいと思います。

前に少し登場した絵本かもしれませんが

きちんと紹介できていなかったのでもう少し書きたいと思います。

 

これは私のベスト3に入る大好きな絵本です。

 

これまでに何回となく子どもと読んできました。

 

今までにも読み聞かせの極意についてはいろいろ書いてきているのですが、

私の読み聞かせでは、漢字と追体験がセットです。

だから、このまつぼっくりのお話では、

 

実際にまつぼっくりを頭に思い起こして絵を描いたり、

実際のまつぼっくりを手にして観察したり、

可能ならまつぼっくりを探しに行ったりなどをして読み聞かせを深めます。

これが追体験です。

追体験が、得た知識を深め、興味・関心を深めます。

 

また、私の読み聞かせは表紙からすでに始まっています。

表紙の絵の中にまつぼっくりを探す、どんな動物が描かれているかを探してみる。

場所はどこなのか、

これから始まるまつぼっくりのぼうけんとはどんなものなのか、

年齢に合わせて一緒に考えていきます。


冒険とは・・・

この絵本のキーになっているのはやはり

ぼうけん(冒険)

だと思います。

読み手であるお母さんも、

冒険について考えてみましょう。

 

そもそも冒険とは何でしょう。

似ていると思われる言葉に探検がありますが、

この二つには同じ「けん」とついていても、

漢字が違うのです。気づきましたか?

 

冒険の険と探検の検は何が違うのでしょう。

子どもはここまでわかる必要はないのですが、小学生くらいでしたら辞書調べなどもして、

漢字の知識を深めながら読むこともできます。

 

冒険→危険をおかすこと、成功のたしかでないことをあえてすること

探検→未知のものなどを実地に探りしらべること、また危険を冒して実地をさぐること

 

前に紹介した「綱渡りの男」がやったことも冒険といえるかもしれません。

なぜ命をかけてそんなバカなことをするのか

 

あなたは冒険したことがありますか?

ではなぜ冒険をするのでしょう。

もしくはしないのでしょう。

ではまつぼっくりの冒険とはなんでしょう。

 

そんなことを少し考えて読むと、

この絵本にでてくる、まつぼっくりたちの冒険の意図が読み取れるかもしれません。

 

この絵本は

5つのまつぼっくりの冒険のお話ですが、

川の流れに身を任せたような冒険です。

それぞれのまつぼっくりたちが、流れ着いた先に自分の居場所を決めていきます。

 

子どもにすべてを問う必要はないのですが

「ぼうけん」の言葉の意味や

まつぼっくりのぼうけんを自分の人生になぞらえて読んでみる、

自分ならどんな場所に身を置きたいか・・・。

そんなことを考えて読むと

お母さまもより楽しめると思います。

 

何より、

読み手に意識を持っていると、言葉かけに違いが出てきます。

それは読み聞かせにかぎったことではないと思います。

ちょっとした言葉かけの違いが子どもに蓄積します。

 

子どもにとっては、誰よりも

お母さんが先生

なのです。

子どもは誰よりもお母さんから学んでいます。

 

お母さん先生におススメの一冊です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

スポンサー広告

スポンサー広告

スポンサー広告

お問い合わせ

今後もご意見・お問い合わせ等ございましたら、メールでの受け付けも可能になりましたので ぜひぜひお気軽にお寄せ下さい(^^)!! 相談などもおまちしています。 メールはこちらまで↓ (yojikanji@gmail.com) 幼児学習アドバイザー・ワンルーム開業コンサルタント 三浦治美