漢字で学ぶと目から入る情報は桁違い!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

塾の先生になっていなければ気づけなかったこと

日本の本当の歴史を知らずして、どうして愛国心が芽生えるのだろうと思います。戦争がいけない=日本は悪いことをしてきたそのことしか子どもたちにはわかりません。日本はどうして戦争をするしかなかったのか、その真実は教えるべきです。


私は子どもたちに伝えたいことがある

私は塾の講師をしていますが、

塾というのは、お母さま方からすると

「大して成績も上がらないのに高い月謝を取っている」

「本来勉強は塾がなくてもできるはずなのに子どもが行きたがるから・・・」

と、心から喜ばれているものではないな、と感じることが多々あります。

 

でも、私も、塾はなくてもいい派なのです、実は(笑)。

私は、塾がなくても家で勉強できるように勉強のやり方を教えているつもりです。

 

ですが、もちろんそんな否定的な立場だけで塾をしているわけではありません。

私は、子どもたちに伝えたいことがたくさんあるので塾という形で子どもたちと触れる機会を自分で作ったのです。

 

では、私が一番伝えたいことは何か。

 

もちろん、勉強することのおもしろさや、

日本語の大切さやそんなことは当たり前のことです。

これは誰もが感じていることです。

これを通して、一番学ばなければならない、

でも私たちが忘れてしまっていることがあります。

そのことを伝えたいと思っています。


塾の先生になっていなければ気づけなかったこと

私は国語が専門でもあり、言葉の大切さをとても重く感じているので

日頃から国語を大切にしています。

きっと、先生という仕事をしていなくてもこのことを重んじていたと思います。

 

でも、もし、塾の先生になっていなかったら

気づけなかったかもしれないことがあります。

 

それは、日本の歴史についてです。

 

塾は受験勉強に向けての対策が中心なのでもちろん歴史も教えます。

でも、私は、歴史の教科書が大嫌いです。

塾の先生になって、毎年教えるようになって感じるようになりました。

歴史の教科書は、一言でいえば

戦いの歴史です。

中学生の歴史の教科書はどのページを見ても戦いの歴史を学んでいるにすぎません。

 

日本の歴史の素晴らしさを感じるようには全く書かれていません。

全くおもしろくないのです。全く素晴らしくないのです。

もし、私が、

もしあなたが、歴史の教科書を作るとしたらこんな教科書になるだろうかと思います。

恐らく、ならないと思います。

 

他の国の歴史の教科書には建国についての歴史が必ず書いてあります。

でも、日本の歴史の教科書には建国については全く書かれていません。

日本の建国について知らない日本人がどれほどたくさんいるでしょう。

 

日本がどのように生まれたのか、単なる神話でしかないからでしょうか。

でも、日本は世界の中で最古の国です。

一つの血統(天皇家)が日本が生まれた時から今も続く、

世界で唯一の国なのです。

一つの民族が国家を形成し続けた唯一の国なのです。

 

その歴史は3千年程になります。

中国は4千年の歴史と言われますが、

中国は今は漢民族が主体となっていますが、

清と言われていた時には満州族と言われる民族が主体だったのです。

王朝が変わるたびに、言葉や文化も変わっていたのです。

 

日本の歴史については、第二次世界大戦でアメリカに負けてから

GHQによって、その下で大きく変換を求められ、今に至っています。

 

負ける前までは建国についても学んでいました。

そもそもこの戦争で日本がアジア諸国に称えられた功績は教科書には一つも書かれていません。

別に美談ではありません。

 

しかし日本が戦争をしなかったら、今のアジア諸国は白人によって侵略され続け、

独立する機会はなかったのも事実なのです。

最初の国連で、日本が人種差別撤廃を求めた唯一の国であったことも

歴史の教科書には一言も書かれていません。

 

日本の本当の歴史を知らずして、どうして愛国心が芽生えるのだろうと思います。

戦争がいけない=日本は悪いことをしてきた

そのことしか子どもたちにはわかりません。

日本はどうして戦争をするしかなかったのか、

その真実は教えるべきです。

 

その上で「もう戦争は必要ない」ということが分かるはずです。

今の日本の役割が分かるはずです。


日本人として

時々子どもたちが、わかったような口で天皇について

「あの人ら(天皇家)って、税金で暮らしてるんやろ、税金の無駄遣いやな。」

と言うことがあります。

でも、日本に天皇がいなかったら

日本は日本でなかったはずなのです。

第二次世界大戦が終わった時に、天皇が処刑されていたら

日本は今は日本でなかったと思います。

私は子どもにそう言っています。

それから、税金を払ってもいない者が言うことではない、とも。

 

外国人が日本を素晴らしいと思うことは

世界で唯一、国家が形成されてから今まで同じ皇帝が続いていることも間違いないのです。

日本人が一番忘れかけていっているのです。

 

天皇制を肯定しているとか、そういうことではありません。

でも、今の政治家よりも、

日本の平和を願っているのは天皇だと、

私は被災地に赴く天皇両陛下を見て思います。

 

ですが私が子どもに伝えたいのは、別に天皇のことだけでなく

日本の誇りはどこにあるのか、

そんな視点に立って、言葉や歴史を伝えたいと思います。

日本人であることを誇れるような生き方をしてほしい、そう願っています。

 

私は、自分がうまく生きられていない時、

自分の中の誇りを思い出します。

心の中の高貴を見つけます。

それは日本人だからだと思っています。

日本の誇れる歴史を知れば、子どももそう感じるはずです。

 

日本の素晴らしさについて、ここでも書いていこうと思います。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

スポンサー広告

スポンサー広告

スポンサー広告

お問い合わせ

今後もご意見・お問い合わせ等ございましたら、メールでの受け付けも可能になりましたので ぜひぜひお気軽にお寄せ下さい(^^)!! 相談などもおまちしています。 メールはこちらまで↓ (yojikanji@gmail.com) 幼児学習アドバイザー・ワンルーム開業コンサルタント 三浦治美