子育てで一番身につけさせてあげたいものは

幼児
子育てで「これだけは身につけさせてあげよう」という信念はお持ちですか

大変な子育て

初めての子育て

迷いながらの子育て

子育てに絶対的な自信がある方はおそらく少ないのではないかと思います。

初めての子育てや自分がまだ未熟であると考えているならばなおさらだと思います。

でも、おそらく、みんなそうです。

みんな同じです。

 

では自信はどうしたらつくのでしょうか。

まずは、自分だけじゃない、みんなもそうなんだ、という声を聴いたらどうでしょう。

少しはホッとするのではないでしょうか。

私も子育ては不安だらけ、何がいいかわからないわ。

みなさんそうだとおっしゃいますよ。

知らない

ということはひどく不安になる要因の一つです。

あなたの不安をはっきりさせましょう

まずは、自分がどういったことで不安を抱えているのか、一つはっきりさせましょう。

子どもの教育(習い事、教育費などなど)のことなのか、ママ友との関係性なのか、いろいろあると思います。それが何かをはっきりさせることで、もっとも大事な子育ての問題と混同していないか、考えてみましょう。

 

今ここで、例えばママ友との関係で悩みがあっても解決することはできません。しかし、そういったことに、ブレずに子供への教育などの提案やアドバイスはすることができます。このブログが、子育てへのヒントを見つける場であると認識してください。

生活していれば、いろんな問題や毎日の忙しさに流されてしまいます。

でも子育ての中でもっとも重要といってもいい、お子さんの幼児期に流されているわけにはいきません。

 

 

そして、もう一つはっきりさせたいのは、

お子さんに何を一番に身につけさせてあげたいか

ということです。

 

子育てで、同時にいくつもすることは大変なことです。

 

でも一つ信念をもってまずはそれだけに取り組むことで、

その信念に付随した道が見えてくるものです。

そうすることで、迷いや自信のなさは段々とそう問題ではなくなります。

 

一つはっきりさせること、決めることからスタートしましょう。

 

あなたの不安は自己肯定感の低さからきています
一つ、はっきりさせる、決める、ことで、進むべき方向、道が見えてきます。
ですが、それさえもよくわからない、結局何が必要か、何がいいかわからない、
 
となる人はいるでしょう。それならば
 
子どもにはそのようになってほしくない、
 
そうは思いませんか?
大切な我が子を迷いなく、いい教育、いい子育てで導きたいのに、それさえも何かがわからない、決められない、
これから将来をどう見定めたらいいか、わからない、自信ない、
 
こんな大事なことを迷う、わからない自分でいてほしくない、そう思いませんか。
 
それならば、あなたがお子さんに身につけさせてあげたいものは
自己肯定感とか、
自信とか、
自分のことを自分で決めていける力とか
 
そういうものではないでしょうか。
 
結局はそうなのです。
 
誰も、本当にそれが正解なのかはわからない子育てを正解と思えるのは、
子どもが、自分で自分のことを否定せずに自信をもって自分の道を進んでいってくれた時に
正解だった、と思えるものなのです。
 
だから、子育ては結局のところ、
子どもに自己肯定感を身につけさせてあげることがもっとも大事だといえるのです。
 
 
でも、実はこの自己肯定感を感じている子どもの割合は、外国と比べて日本は低いことはご存じですか?
日本人は、謙遜や、奥ゆかしさなどを大切にしている文化なので何となく想像できますよね。
そもそも、日本人特有の考え方で大事にしたいものはたくさんありますが、この時代において教育の在り方は見直さなくてはいけません。
 
ではどうしたらいいのか、
何がいいかは、狭い地域を見渡してもわかりません
それは日本の中だけで、学校の中や、狭い地域の中だけを見ていては何もヒントはありません。
まして、明確なビジョンも持たずにとりあえず英語だ!とやっていても、結局は何も身につかないことになります。
 
どんなことを子どもが自信をもって自分のことを自分で選択していけるようになるのに、どんなことを身につけさせてあげたらいいのか、どんな子育てをしていけばいいのか、まずは、お母さん自身が受けてきた教育と、外国との教育の違いを知ってみましょう。
 
知ることは大きなヒントになりますよ。
おすすめはこちらの本です。

「世界標準の子育て」

前半では、アメリカ、イギリス、北欧、シンガポール、インド、中国、韓国などの国々で行われている教育の実情、それをふまえて、日本人の子育の間違いを、指摘

「世界標準の自己肯定感の育て方」                        
変化が激しく予測ができない社会、そして20年後は確実に訪れているであろう超AI社会。
今、生まれた子どもたちは、将来、そんな世界を生きなければいけません。
でも、その世界で生きていくためには、子どものうちからどんなことをずればよいのでしょうか

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました