知識や学びが深まる絵本・違いを知る

動物
違いを知ることで知識や学びが深まる

シロナガスクジラは地球上で一番大きい生物ですが

こちらの絵本ではそれを他の動物や人間と比べて大きさが示してあります。

↓こんな感じです。

さらに、「シロナガスクジラより大きいものっているの?」

と問いかけが続きます。

ページをめくる前に、お子さんと一緒に想像したり、交互に挙げあいっこするといいかもしれないです(^^)

そういった形で楽しめる絵本だと思います。

ちょっとネタバレすると

クジラより大きいものとしてエベレストが挙げられています。

そして、エベレストがどれほど大きいかを、

シロナガスクジラを100頭、瓶に入れてそれを積み上げたものと比べています。

絵をみるとちょっとびっくりするような大きさです。

かなりインパクトのある絵本です。

さらに「エベレストより大きいものはあるの?」

といった感じで、どんどん大きなものと比較して、

ついには地球や太陽との比較、最後は宇宙にまで出ていきます。

絵本なので大きさの違いが、楽しめる絵で分かりやすくなっており、

大人が見ても「へー」と興味深さを感じます。

小学生のくいつきは中々のものでした!

違いを知ることで知識や学びが深まりますから、おススメの絵本です。

星の名前なども出てきますので、

「どんな星か確かめてみようか、」といった感じで図鑑などで確認したり

宇宙に触れてみることもできるかもしれません。

シリーズ

こちらの絵本は

「ふしぎだな?知らないこといっぱい」というシリーズで

このクジラの他に

・チーターよりはやくはしるのだあれ?

・ライオンのおもさ はかれる?

・ベッドのしたにはなにがある?

・チビトガリねずみより小さいものなあんだ?

・じかんがどんどん

5つシリーズが出ています。

一つ手に取って、気に入るようならそろえてみると興味がドンドンと出てきそうです。

一つずつそろえていくのもシリーズものならではの楽しみ方ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました