小さな子から楽しめるしかけ絵本「やさいさん」

ユーモア

しかけ絵本「やさいさん」

今回はシュールなおやさいのしかけ絵本のご紹介です。シリーズ累計60万部の人気作品ですので要チェックです!

大人気のわけ

この絵本は大人気作家のtupera tuperaさんの絵本というだけでなく、人気の秘訣が盛りだくさんです。

葉っぱなどがわかりやすくリアルに描かれて野菜を覚えるのに最適
シンプルだけど大胆な仕掛けが子どもにウケる!
野菜の当てっこ遊びなどもできるので読み聞かせでコミュニケーションをはかりやすい!
などなど、絵本1冊で楽しみ方が盛りだくさんです(^^)

絵本と追体験

絵本を読んだ後に、絵本の内容に追随するようなことを取り入れると絵本への興味がグッと増します。(追体験といいます)

しかけ絵本は、お話と追体験がセットになっているようなものですのであえて体験がなくてもいいのですが、

ルピナスの生徒と野菜畑を作ってみました(^^)

空き箱に茶色の色紙で畑を模して作ったものに切り込みを入れて、覚えた野菜、植えたい野菜などを書いて植えました。

なぜか家族の絵も描きたいというので、家族の絵も植えました(笑)

畑の概念がまだなかったのかもしれませんね。

「すっぽーん」に0歳児から楽しめる

絵本の仕掛けはシンプルで、

「やさいさん やさいさん だあれ?」の質問とともに

頭の出た野菜を引っ張ると「すぽーん」と豪快に気持ちよく抜けて大根やニンジンが飛び出します。

この単純さが10か月くらいから楽しめます!

シリーズもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました