知育教材・賢くなるツール

幼児
塾で使っているツールのご紹介

こちらの記事では塾で今使っているツールを少し紹介します。

①タングラムと呼ばれるパズルです。

三角や四角や台形などに切られた7枚のカードを使って

いろいろな形をつくるというものです。

これは

非常に頭を使って、とにかく試行錯誤するのですが、

集中力もついておススメです。

簡単な形なら4~5歳くらいからできると思います。

幼児教育ではメジャーなツールです。

もう1つご紹介するのは、

(塾で使っているカードはたくさんあるのですが、)

②もっとも使い方が豊富な四字熟語カードです。

市販のものです。

 

これ、マジすごいです、笑

中身はこんな感じです。↓

読み手のカードと取る側のカードの表も裏もそれぞれ使えます。

 

象さんのマンガチックになっている面を使えば幼児でも使えます。

もちろん、四字熟語カルタとしても使えます。

また、四字熟語がランダムに並んでいる黄色のカードだと難易度を上げた遊び方もできます。

さらに言うと、英訳も書かれているので英語カルタとしても使えます。

ルピナスの小学2年生の生徒は

四字熟語の読みも意味も完璧です。

高校生よりできます(笑)

大事なのは

覚えよう、とか、テストだよ、でなくて

楽しんでるうちに覚えていることだと思います。

とにかくこのカードは用途も豊富で幼児から使い始めて、長く楽しめるのでぜひおススメですよ!

おまけ・幼児の授業でのパズル

今日は幼児の授業の日でしたので、少しご紹介ですが、

今日はアンパンマンのパズルを最後にしたのですが、

「うまくはまらない」とか、

勝手に速さを競うのか(こちらは競わせていないのですが)

「もうできない」とかで予想以上に苦戦しました💦

なんとか無事にできてホッとしました(;^ω^)

やはり、やっていると時にはべそをかく場面もありますからね、

女の子だとオロオロしますね(;^ω^)

なるべく楽しんでもらいたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました