教育

スポンサーリンク
女の子

お子さんに嫌なことがあったらどうしなさいと教えますか?

例えば、お子さんが「痛い!」という思いをしたとき、「痛いの痛いのとんでいけ!」って言いますよね。お母さんに教えられたおまじないは子どもなりに困難を乗り越える手助けになります。子どもがグッと踏ん張ったり、頑張るための手助けになる言葉をプレゼントしましょう。
女の子

お金の価値を考える「100円たんけん」

お子さんとのお買い物でおねだりをされたら「100円までね」ということで、今お子さんの物の価値のとらえ方の段階がわかります。考えるまではいかなくても、お金についての導入にもおススメの絵本です。
教育

月ごとの行事も身につく「さがしえ12つき」

12か月のそれぞれ日本の文化に触れた緻密な絵と本の中でさがしものができる遊びながら知識が身につく絵本のご紹介です。
アレルギー・引きこもり・登校拒否

発達障害・多動症などの原因

発達障害は、多くの場合、脳に栄養が行き届いてないことから起こります。 ちゃんと手作りの食事を摂らせていても子ども側が栄養を吸収するポテンシャルが低い可能性があります。 また今の野菜は品種改良のおかげで、昔のキュウリ1本分が今のキュウリだと14本分必要

なぜ勉強しなきゃいけないのか(子どもからのあるある質問)

なぜ勉強しなきゃいけないのか、塾では子どもからのあるある質問の一つです。この質問にどう答えているかを書いています。
幼児

読み聞かせ(個人的)おすすめシリーズ

日本語の1音、1音に意味が込められていることは日本人でありながら、どこにも教えてくれるところがありません。 日本の精神性に触れるきっかけを子どもにも絵本を通して触れさせてあげることができます。
ユーモア

お片付けできるようになる(?)絵本

100までのの導入、その数を使って何かをする(お片付け)に楽しく導ける絵本。 王様が帰ってこないと思って、遊び放題散らかし放題やってる家来たちのお話です。
教育

幼児の左利きは矯正した方がよいのか?

利き手はどう決まるか、利き手が固定化する年齢、左利きは矯正した方がいいのか、など 幼児の左利きについて書いています。
おすすめ記事

言葉をまだ理解していないのに読み聞かせの効果はある?

お子さんがまだ言葉をわかっていない、読み聞かせをしても反応が少ない、 この状態での読み聞かせに効果はあるのか、について書いています。読み聞かせはいつから?
女の子

将来古典が得意になる?絵本

古典が苦手な理由は・・・。幼いうちに、本(絵本で)古典の世界を楽しむことで、生活背景が自然に身に付きます。とても楽しく学べる(学ぶつもりがなくても)絵本を紹介しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました