スポンサーリンク

新着記事

ユーモア

時計の読み方と教え方と絵本

楽しく、できるだけ自然にわかりやすく教えられる時計の読み方について書いています。また時計がわかり始めたら、時計を意識した絵本を導入することで、効果も興味度もあがります。
幼児

子どもがゲームばかりしたがる…どうすればいいの?

度を超えてゲームに依存する原因、対処、ゲームが好きならどう生かすか、について書いています。ぜひ参考にしてください。

自立する子どもを育てるモンテッソーリ教育について

モンテッソーリについて知ると、遊ばせ方、おもちゃの選び方、習い事の選択にも違いが出てきますのでぜひ知識を入れておかれることをことをおススメします。
幼児

お子さんを医者にしたかったら(幼児期に重要なこと)

お子さんを医者にしたかったら、幼児期の重要なことを3つの項目にして紹介しています。
幼児

お母様も知らないお子さんの才能、を知る方法(遺伝子検査)

お子さんの才能の芽を見つけ開花させる方法として、遺伝子検査というものがあります。適正、不適正を早くから知るだけでもそのメリットの大きさははかりしれません。この記事では国内の機関による遺伝子検査の紹介をしています。
ユーモア

幼児からの思いやりの育み方

思いやりという一見情緒的なことにも入り口には〇〇が必要です。幼児からの思いやりの育み方をお話します。
幼児

虫好きの子どもは頭がいい!?子どもを天才にする話

目次:1虫好きの子どもは頭がいい説 2みんながあまり知らない脳の需要な発達について 3子どもの脳を発達を爆発させる
幼児

ことば図鑑を超えた「ことばずかん」(2歳~4歳)

Amazonカテゴリーナンバーワンの大人気の「ことばずかん」のご紹介です。

おすすめ記事

おすすめ記事

言葉をまだ理解していないのに読み聞かせの効果はある?

お子さんがまだ言葉をわかっていない、読み聞かせをしても反応が少ない、 この状態での読み聞かせに効果はあるのか、について書いています。読み聞かせはいつから?
おすすめ記事

おすすめ 科学の絵本 水の三態(水、水蒸気、氷)

水がどこからきてどこへ行くのか、そんなことが物語になった科学の絵本です。 そんな水の三態が子どもが親しみやすい「しずく」ちゃんという主人公として描かれているので、 いつの間にか知識が身についているおすすめの本
おすすめ記事

幼児教育・早期教育をした場合、しなかった場合の決定的な違い

幼児期での学習では脳の使用領域が広げられます。年齢を超えてからの教育では習得不可能な領域(絶対音感など)があることを知ったうえで、幼児期の学習をするしないの判断の目安にしましょう。
おすすめ記事

差がつく読み聞かせにぴったりな絵本

もっとも知識が深まる読み聞かせを実現しやすい題材で「そらまめくんのベッド」を取り上げています。読み聞かせで差をつけたいお母さま必読。
おすすめ記事

おもしろい絵本の見つけ方 

「からすたろう」というすごい表紙の絵本があります。絵本は表紙からmのガタリが始まっています。世界観があふれています。おもしろい絵本もそこから見つけることができます。
おすすめ記事

幼児のおもちゃの選び方・想像力を養う

想像力を養うおもちゃは何がいいの?子どもは勝手に想像して遊ぶことができます。頭の中から、今日見た電車を思い出してイメージしながら遊びます。それはリアルでない方がずっと頭を働かせて、想像を高めます。これが想像力を養う大事なポイントになります。
おすすめ記事

幼児教育 ひらがなより漢字

幼児はひらがなより漢字の方が覚えやすい理由があります。そして漢字で学ぶと目から入る情報は桁違いに増えます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました