スポンサーリンク

新着記事

知識

赤ちゃん(乳幼児)は何を考えているのか

赤ちゃんが何を考えているのか、を考察することでわかること。 言葉がどれほど大事かかがわかります。
幼児

電車マナーも学べる、虫好き、電車好きのお子さんにおススメ絵本「ムシてつ」

ムシや電車が大好きなお子さんにおススメの絵本のご紹介です。電車のマナーも学べたり、電車体験や、鉄道旅も深められるおススメの絵本です。
ユーモア

絵本「ぜったいに おしちゃダメ」

絶対に〇〇してはダメ、と言われると気になって仕方ないのは大人も子どもも同じです。そんな絶対にしてはいけないことを楽しむ絵本とは…まじめなお母様もご一読ください。
国語

(幼児から小学生)夏休みに脳をぐんぐん育てる・超おすすめ音読方法

脳がぐんぐん育つ、寝る前にできる1分間の音読をご紹介。名文揃いの、好レビューテキストのご紹介です。
プレゼント

才能を開花させるアカデミア(プレゼントあり)

才能開花アカデミアの報告と、LINE登録プレゼントのお知らせです。
その他

夏休み 才能開花アカデミア YouTuberのなり方講座

7月24日オンラインで開催の 「夏休みに子どもの才能を開花させ、伸ばす」といったテーマのオンラインフェスの詳細が決まりましたのでこちらでご案内させていただきます。
女の子

どんな絵本を選んだらよいのか

絵本選びをする際に重要な要素があります。絵本はおもしろいという、お子さんの言葉や感性を発達させる絵本選びについて書いています。
ユーモア

小さなことから春を感じる(発見する)感性を養う絵本

小さなことから季節を感じる感性があったら、小さなことからたくさんの情報を得られる力も得られます。今回は春を楽しむ、春を見つける感性を養うのにおすすめの絵本のご紹介です。

おすすめ記事

おすすめ記事

言葉をまだ理解していないのに読み聞かせの効果はある?

お子さんがまだ言葉をわかっていない、読み聞かせをしても反応が少ない、 この状態での読み聞かせに効果はあるのか、について書いています。読み聞かせはいつから?
おすすめ記事

子どもに正しい理屈を教える必要はある?(絵本で身につく科学の知識)

水がどこからきてどこへ行くのか、そんなことが物語になった科学の絵本です。 そんな水の三態が子どもが親しみやすい「しずく」ちゃんという主人公として描かれているので、 いつの間にか知識が身についているおすすめの本
おすすめ記事

幼児教育・早期教育をした場合、しなかった場合の決定的な違い

幼児期での学習では脳の使用領域が広げられます。年齢を超えてからの教育では習得不可能な領域(絶対音感など)があることを知ったうえで、幼児期の学習をするしないの判断の目安にしましょう。
おすすめ記事

差がつく読み聞かせにぴったりな絵本

もっとも知識が深まる読み聞かせを実現しやすい題材で「そらまめくんのベッド」を取り上げています。読み聞かせで差をつけたいお母さま必読。
おすすめ記事

おもしろい絵本の見つけ方 

「からすたろう」というすごい表紙の絵本があります。絵本は表紙からmのガタリが始まっています。世界観があふれています。おもしろい絵本もそこから見つけることができます。
おすすめ記事

幼児のおもちゃの選び方・想像力を養う

想像力を養うおもちゃは何がいいの?子どもは勝手に想像して遊ぶことができます。頭の中から、今日見た電車を思い出してイメージしながら遊びます。それはリアルでない方がずっと頭を働かせて、想像を高めます。これが想像力を養う大事なポイントになります。
おすすめ記事

幼児教育 ひらがなより漢字

幼児はひらがなより漢字の方が覚えやすい理由があります。そして漢字で学ぶと目から入る情報は桁違いに増えます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました