7~11才

7~11才向けのおすすめ絵本です

スポンサーリンク
物語

えんとつ町のプぺルの楽しみ方

話題になったキングコング西野亮廣さんの絵本「えんとつ町のㇷ゚ぺル」がクリスマスに映画として公開されます。まだ、絵本を知らないという方に向けて楽しみ方を考察しました。
動物

違いを知ることで知識や学びを深める②「チビトガリネズミより小さいものなあんだ」

大きさなど、ほかのものと違いを知ることは、知識や学びを深めます。今回は、小さなものからさらにマクロの世界へと深めていきます。生きていることの不思議さも感じるほどの素晴らしい絵本です。さらに学びを深める方法も伝授しています。
動物

哲学、美学、世界観、人生観、そういったものの引き出しを一つ作ってくれる絵本

リアルな知識を絵本で楽しむように学びたい系の絵本です。小さな昆虫の生き様が、ダイナミックな人生を感じさせ、お子様に哲学や、人生観の引き出しを作ってくれる作品です。
小学生

藤井聡太さんの読書(天才は違う?)

藤井聡太さんの小学生の時のおススメ本をプレジデントファミリーからご紹介しています。
動物

幼児教育・干支の絵本から始める漢字学習

干支の絵本は知識だけでなく、動物がたくさん登場することで、漢字を覚えるのに導入としてとても良い教材になります。
ユーモア

ハロウィン絵本のおススメ!

ハロウィンおススメ度ナンバー1絵本、「いたずらジャック」のご紹介
女の子

言葉かけの違いが心の成長に響く

あなたは冒険したことがありますか?なぜ冒険をするのでしょう。もしくはしないのでしょう。 ではまつぼっくりの冒険とはなんでしょう。お母さまがそんなことを少し考えて読むと言葉かけに違いが出てきます。5つの松ぼっくりの冒険に自分なら?と重ねて楽しめる絵本です。
ユーモア

笑いすぎてクレームがきた絵本

各国を代表する動物たちが登場し、鳴き声を披露していきます。日本も登場します。(日本の代表として登場する動物は何でしょう)最後には、なるほどな、というオチもあります。裏表紙には世界地図もあって、どこでどんな動物と出会ったか、など楽しむポイントがいくつもあります。
おすすめ記事

おもしろい絵本の見つけ方 

「からすたろう」すごい表紙です。作者のやしまたろうさんは小林多喜二の死に顔をスケッチしたそうです。その背景を知って読むとこの深さがさらにわかります。おもしろい絵本の見つけ方とは。
動物

知識や学びが深まる絵本・違いを知る

大きさの違いが、楽しめる絵で分かりやすくなっており、大人が見ても「へー」と興味深さを感じます。子どものくいつきもよく違いを知ることで知識や学びが深まる、おススメの絵本の紹介です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました