漢字で学ぶと目から入る情報は桁違い!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新年の幼児授業・干支の漢字を学習しました

新年の授業では、干支の絵本を選び干支の漢字を学習しました。


新年の最初の干支の漢字授業

今日は新年最初の幼児の授業がありました。

4歳の女の子と一緒に弟君もいつも参加しているのですが

ボーイズたちは体調不調で、今日は女の子1人での参加でした。

 

今回は新年最初ということもありまして、

選んだ本は干支の本です。

漢字学習にはぴったりの絵本ですね!

 

本屋で干支に関する絵本はいくつか出ているのですが、

女の子なのでかわいらしい絵の本にしました(^^)

ルピナスの先生も気に入っている「いもとようこ」さんの絵本です。

皆さんもよくご存知の作家さんではないかと思います。

 

Aちゃんはこれまでにも、おうちでお母さまと一緒に干支の本なども読んできているので

十二支がスラスラと言えますし、ほとんどの干支の動物の漢字も知っていました。

話もよく知っているのですが

知ってるからと集中力を欠くこともなく、楽しむことができました。

 

授業では、絵本のお話を楽しむことを一番大切にしていますが

付加価値として漢字学習を導入しています。

この付加価値が大きいのですけどね(^^)

 

Aちゃんは3歳からルピナスに来て頂いているうちに

今では小学2年生くらいまでの漢字は読めているのではないかと思います。

お兄ちゃんの教科書もスラスラ読みます。

 

実はルピナスで習った漢字はその場でカードとして使い、

それを持ち帰って、お母さまと家で再学習しています。

だから、こちらが意図する以上に身についていて驚くほどです。

 

絵本とセットにして自然と目にするので

詰め込む必要もなく身についているのでしょうね。

 

本当に絵本を読むときにサラッと

「ねこは、この漢字だよ。」と言って漢字カードを見せるだけで構いません。

よくでる漢字ならそれだけで覚えていきます。

見せる頻度を上げるのが一番だと思うので

カードを増やしてそのうちにカルタのように遊ぶのもいいでしょう。

 

言葉への興味が増えますし、

自分はできる、というような自信がでてくると

ますます漢字を覚えたくなります。

 

今、絵本「リスの詩」に付属する漢字カードを作成中です。

そのうち漢字学習を家で体験できるようにご案内したいと思いますので

もうしばらくお待ちくださいね。

 

※今日の写真は、今使っているカードの写真です。干支のカードでなくてすみません。

 

にほんブログ村


にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

スポンサー広告

スポンサー広告

スポンサー広告

お問い合わせ

今後もご意見・お問い合わせ等ございましたら、メールでの受け付けも可能になりましたので ぜひぜひお気軽にお寄せ下さい(^^)!! 相談などもおまちしています。 メールはこちらまで↓ (yojikanji@gmail.com) 幼児学習アドバイザー・ワンルーム開業コンサルタント 三浦治美