幼児教育 ひらがなより漢字

おすすめ記事
幼児も漢字を覚えます!

こんにちは。

私はルピナス式幼児教室で、幼児に漢字学習などを取り入れています。

幼児は天才です。絵本や、カードもどんどん覚えていきます。

漢字で学ぶと目から入る情報量が劇的に増えます。

 

「幼児に漢字は難しいのでは?」

そんなことはありません!

「うちの子天才かも!」はよく聞きますよ(笑)。

漢字はひらがなよりも覚えやすい

漢字は子どもにとってはひらがなよりも覚えやすいのです。

ひらがなは読み(音)の役割をしているだけです。

漢字は90%が形声文字です。音だけでなく意味も持っているのです。

 

例えば、植物の桜は

ひらがなでは「さくら」であり、桜を知らなければ音でしかありません。

幼児に見せれば、「さ」ー「く」ー「ら」と順番に読もうとするでしょう。

読むので精いっぱいです。

 

でも「桜」という漢字を知っていれば一言で「さくら」と言えるのです。

同時に桜の木をイメージするでしょう。

桜を知らなくても「木」という漢字を知ってしまえば「桜」は「木」であることもわかってきます。

大人でも「さくら」と書いてあるより「桜」となっている方が

桜の木をダイレクトにイメージするのではないでしょうか。

 

言葉と映像がセットになる方が脳は勝手に活性化します。

幼児の能力を侮らず、ぜひ漢字で学ぶ機会を少しずつでも増やしてみてください!

こちらのブログでも、幼児の学びにどう漢字を取り入れるか少しずつお話していきます。

でもそんな大げさなことではありません。

読み聞かせの時に、絵本に出てくるような漢字(小1あたりの)の

カードを作って見せるところから始められます。(写真は手作りのカードです)

こちらのでも少しずつ書いています。良かったらほかの記事もあわせてお読みください。

幼児教育・干支の絵本から始める漢字学習
干支の絵本は知識だけでなく、動物がたくさん登場することで、漢字を覚えるのに導入としてとても良い教材になります。

早期教育のメリットに関する記事も書いているのであわせてお読みください。

幼児教育・早期教育をした場合、しなかった場合の決定的な違い
幼児期での学習では脳の使用領域が広げられます。年齢を超えてからの教育では習得不可能な領域(絶対音感など)があることを知ったうえで、幼児期の学習をするしないの判断の目安にしましょう。

漢字カルタなども紹介しています。

知育教材・賢くなるツール
塾で使っている知育教材のご紹介です。幼児から難易度を上げながら長く使える漢字カードなど。

 

手っ取り早く漢字学習について知りたい方はこちらの本をお勧めします。

コメント

  1. のこちゃん より:

    幼児には、漢字より平仮名の方が簡単だろうというのは、大人の勝手な解釈ですね!

    子どもの脳と大人の脳は違うということを理解する事が子どもの能力を引き出す事が出来ると思います!

タイトルとURLをコピーしました