読み聞かせ絶対おすすめシリーズ(コトタマ)

おすすめ記事
お子さんに勧めたい絵本は?
お母様からも、先生からも、おばあちゃんからも、みんなそれぞれお子さんに勧めたい絵本があると思います。
 
いろんな人の紹介やレビューでできるだけたくさんの本に触れさせてあげるのがいいと思います。
そうすることで、本だけでなく紹介してくれた人の思いにも触れることができるからです(^^)
 
目に見えないこういうことこそ、人の本質に関わっていく元を養ってあげられるのではないかな、と私は考えています。
 
私からも、このブログを通しておすすめの絵本を並べていっていますが、
今回は私の本質的に子どもたちに伝えていきたいものを並べようと思います。

少し教育からずれていると思われる話と思われるかもしれませんが、お時間のある方はぜひお付き合いください(^^)

 

私は、塾の講師をする中で子どもたちにもっとも必要と思われる教育の分野に気づきました。

でもそれは、テストや大学進学などとは直接的に関係ないと思われるものです。だからそれを授業で取り上げて中心にすることはできません。

学習塾は学校の成績を伸ばすところですから。

 

だからこのブログを通して少しずつ織り交ぜていけたら、と考えながら書いています。

また、幼児に絵本を通して授業することや漢字を取り入れることにもその意味を含んでいます。

 

でも私のつたない小さな思いは簡単に埋もれて消えてしまうので、これからはもう少し積極的に発信していきたいとも考えています。

 

今必要な教育コトタマ
さて私が伝えたい分野は何かと申しますと、それはコトタマです。
言霊と書いていますね。
 
宗教でも何でもありません。
日本語はコトタマで作られています
 
いい言葉を使えばいいことが起きる、みたいな引き寄せの法則として言霊を理解している方が多いと思いますが、それは間違いありませんが、私がいうのはもっと本質的なものです。
 
ここでは難しいことは書けませんが、日本語はあ・い・う・え・お・・・すべて1音、1音に意味が込められています。
 
例えば、今春が近づいて「梅」の花が芽吹き始めました。
 
「う」とは、受け入れて、充実するの意を持っています。冬の寒さなどを受け入れてそれに満たされると満を持して「生まれる・動く」ことができます。「う」にはそんな意味があります。
 
だから「うめ」は、春の一番最初に生まれる、動き出すめ(芽)から「うめ」とつけられました。
 
 
どうですか?こんな風に、言葉一つ一つの意味や意義を知り日本語を使うことができれば豊かな言葉を使い、豊かな人格が育ち、言葉を大切に扱うことができるでしょう。
 
日本語に意味が込められていることは日本人でありながら、どこにも教えてくれるところがありません。
不思議な話ですね。
隠されているのです。
それほど、言葉の習得は力を持っている証拠なのです。
 
 
神話を知るのは日本人として必須
日本人は外国人に、例えば「鏡餅ってどういう意味で飾ってるの?」と聞かれても「七五三の数字が意味することは?」と聞かれても
何一つ答えることができない人だらけになってしまいました・・・。
 
寂しくはないですか?
文化を失いつつあるのです。
 
国の起源を知らない国民は日本人くらいなものです。
 
実は日本の神話には先祖からの壮大なメッセージが込められているというのに・・・。
 
 
ここまで、読んで、共感を得た方がいましたら、日本の古来からの神話や伝承に子どもに触れさせてあげてください。
日本の精神性がきっとお子さんに芽吹いていきますよ。
 
お母様もぜひぜひ、今日本の神話の神秘に触れてください。なぜこの物語なのか、お子さんと楽しめると思います。

セットがおすすめです!!国の始まりや、ヤマタノオロチ、いなばの白うさぎなどそろってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました