言葉をまだ理解していないのに読み聞かせの効果はある?

幼児

反応が薄い、まだ読み聞かせをしてもわからない!?

お子さんがまだ言葉をわかっていない、読み聞かせをしても反応が少ない、

この状態での読み聞かせに効果はあるのか、について書きたいと思います。

 

言葉を話す前に吸収した言葉や響きが、個性の形成に影響している

読み聞かせはいつから始めるといいのか
 
よく聞かれる質問です。
 
 
では、答えの前に、お子さんの個性(基本的な性格)が確立されるのはいつだと思いますか?
 
 
「イエス・ノーを主張するようになってから」
「言葉を話すようになってから」
 
 
そんな風に認識されている方も多いかもしれませんが、
実は、イエス・ノーを表現できている時点ですでに自我は確立されつつあります
 
言葉を使い分けて話し始めた時点で確立していると言っていいでしょう。
 
つまり話し始めた時点でもう個性は備わっているということです。
 

イエス・ノーを使い分けたり(主張)、つたない言葉でも使おうとする頃には、ほとんど自我(個性)は確立しています。

 

これが何を意味しているかというと、

反応がない(反応が呼応してない)、だからまだ言葉がわかっていない、というのではなく、

その時期は、その時期に浴びた言葉や、言葉が持つ響き(優しさや、怒りなど)が吸収される期間ということです。

 

よく考えれば当たり前のことです。

言葉を理解したり、身に着けるには、言葉がアウトプットできるまでインプットし続けているからです。

 

そして、まだ言葉を使い始める前に吸収した言葉や響きが性格(性質)に大きな影響を与えています。

読み聞かせは何歳から?

ゆえに、「読み聞かせは何歳から?」という質問の答えは

「産まれたときから」

となると思います。

 

むしろ、「胎教」といって、産まれる前からの影響があることで言葉かけや、選ぶ音楽など

お腹に子どもが宿った時点で薦める考え方もあります。

 

ルピナスにも胎教の先生がいるので、できる限り幼いうちからの読み聞かせを推奨しています。

読み聞かせの効果とは

前の項で書いたことを考えると、読み聞かせの効果は、年齢によって身につけさせたいことが違うために効果も年齢によって考える(狙う)必要があります。

0歳の読み聞かせ

0歳ではまだ読み聞かせは

理解よりもお母さんの声(=愛情)になじむそんなイメージでしょうか。

 

とにかく幼ければ幼いほど、大きな刺激は必要ありません。理解していなくても、本能的に

大きな音、乱暴な響きには恐れを感じるものです。

 

読み聞かせでなくても、愛情のあるお母様の語り掛けで十分なのですが、台本がないところの語り掛けはお母さんも難しいところがあると思うので、

自然と、声が穏やかで優しく明るくなるような絵本を選んで読むのがおすすめです。

なぜなら、言葉を理解する前にどんな言葉や言葉の持つ響きを浴びたかが、

性格(性質)の形成に非常に重要だからです。

 

 

また、赤ちゃんが物を認識できるようになると、単純な形や、色に目を見開いたり反応が少しずつ反応がでるので、果物や動物の絵が描いてあるような絵本ももちろんいいと思います。

0歳の読み聞かせは、オールインプットです。特に大事だと思ってください。

1歳くらいにはもう自分のイエス、ノーが表現できますので、その時には個性のもとがすでに確立されつつあることを忘れないでください。

 

こちらのブログで紹介した、赤ちゃん研究所の「もいもい」シリーズもおすすめします。

記事はこちら↓

赤ちゃんを釘付けにする絵本「もいもい」
赤ちゃんが釘付けになる絵本とは。赤ちゃんと新しいコミュニケーションが広がる可能性のある絵本、赤ちゃん研究所の「もいもい」を紹介します。赤ちゃんの成長過程が分かれば子育ては楽しくなる。

1歳の読み聞かせ

語彙を増やせれば、そのあとの理解が早くなります。

1歳で語彙を増やせることができれば、2歳、3歳での理解力は飛躍的になるでしょう。

 

物語はもちろんですが、身の回りの果物や、のりもの、生活になじむものなどの語彙も同時に増やすつもりで一緒に指さしながら発音、発声しながら読むのはとてもいいと思います。

 

またシンプルな感情が表現されているような顔の表情の絵本なんかもいいですね。

子どもが早く自分の感情を表現できる手助けになるでしょう。

あかちゃん研究から生まれた絵本「かお かお ばあ」おすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました