幼児教育・絶対音感と英語取得

小学生
胎教を知るお茶会@津 胎教が興味深すぎる件

ルピナスの幼児担当のノコ先生による「胎教を知るお茶会」をルピナスで開催しました。

初めての開催でしたので、練習がてら、ということで

参加者全員、胎教が必要ないメンバー!でしたが

大変面白かったです。

まずは胎教を知ってもらうということで、

ノコ先生がお話してくれたのは

・胎教とは
・胎児は耳以外でも聞いている(孫の分まで胎教)
・胎児~6歳くらいまでの脳
・妊婦さんが不思議な夢を見る理由
・右脳の能力(絶対音感・言語学習能力)

といった内容で話して頂きました。なかなか興味ある内容だと思いませんか?

個人的には、最後の右脳の能力のところがおもしろかったですが、

妊婦さんにとっては、どれも興味深い話だったと思います。

妊婦さんだけでなく、家族が勉強する(妊婦さんのお母さまでもよい)など

必ずしも、妊婦さんだけの学習ではないと思いました。

知っていたら、かなり勉強になることばかりでした。

絶対音感と英語取得 絶対音感は6歳まで

最後の項目の右脳の能力(絶対音感・言語学習能力)について少しシェアします。

絶対音感は6歳までに音楽教育をしなければ、それ以降は身に着けることは不可能だそうです。

6歳までの聴覚というのは素晴らしいですね。

これに付随して、英語教育の話にもなりました。

絶対音感より、英語力の取得に興味ある方が多いかと思いますが、

CDやDVDで楽しんだり、英会話スクールで学ぶなどしている方も多いと思います。

私はこのブログの中では「英語は8歳から」と書いています。

私個人としては、8歳からをおススメしています。(理由は記事をお読みください↓)

英語は何歳から?
早期教育には賛否両論ありますが、やり方さえ間違っていなければ、早期教育は大きなメリットがたくさんあります。ただ、早期英語教育は特別慎重にする必要があります。特に英語に関してメリット、デメリットをシェアしています。

ですが、本気でネイティブな英語力を取得したい、ということなら

幼児から始めるべきでしょう。

望む英語力がどの程度か、で英語を始める時期も、勉強の仕方も違ってしまいます。

バイリンガルを目指すなら、早い方がいいのは間違いありません。

しかし、私の友人も高校生で留学を含めた学習で十分ペラペラです。英語を使ったビジネスもしています。

ただ、後から身に着けるには本人のやりたいという気持ちが必須です。

いつの間にか自然に(習得)、を目指すなら早くするべきです。

短期(夏休みに1週間、)でもいいので

とにかく1度まず現地で学ぶことをお勧めします。

その後の興味の持ち具合や身に付きが比べ物になりません。

こういった話題も含めて、お茶会ではかなり盛り上がりました。

また胎教についてはシェアしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました